HOME ≫ 親が知らないケータイ・ネットの世界

親が知らないケータイ・ネットの世界

親が知らないケータイ・ネットの世界
大川内 麻里 (著):実業之日本社

現代社会に潜む分かれ道。 オトナの階段、登るか、落ちるか

子どもがインターネット環境や携帯電話をほしがるようになったら、
それは思春期のサイン。
一度手にすると、大人より軽々使いこなし、
どんどん世界を広げていく―。
ネットやケータイを与えたとしても、
センシティブな時期の子どもが発するサインを見失わないために、
知っておきたい今時のバーチャルとリアルの世界に迫る。

価格: ¥ 800


amazon.co.jpで購入する 紀伊国屋書店で購入する セブンネットショッピングで購入する 楽天ブックスで購入する

目次

第1章●ネット・ケータイ、子どもには不必要ですか?

  • ネット・ケータイが少年事件を増加させたのか
  • ネットをきっかけにひきこもりから立ち直った青年
  • 有害な情報をシャットアウトするフィルタリングとは
  • 「青少年ネット規制法」の基礎知識
  • 「青少年ネット規制法」成立に至るまで
  • ネットの有害情報に対する世界各国の取り組み
  • 日本の情報教育を補完できるのは誰か

第2章●落ちたら危険! ネット・ケータイに潜む闇

  • 学校だけではなくなったクラスメイトとの関係
  • 新しい人間関係がネットからはじまる
  • ぐっと近くなった犯罪との接点

第3章●ネット・ケータイの闇に踏み込ませない予防策

  • 発達段階に応じて教えておきたい「自由と責任」
  • 男子と女子で違うネット・ケータイの注意点
  • 買う前に話し合っておくこと、約束しておくこと

第4章●子どもがトラブルに巻き込まれてしまったら

  • 取り乱さずトラブルの解決策を提示する
  • 効果的な教育チャンスと考える
  • ストレスの原因はほとんどが人間関係
  • 「ルール」と「自分」を守る教育

第5章●この機会に親子で知っておきたい性の知識

  • 大人の「まだ早い」はいつだって遅すぎる
  • 望まない妊娠を避けるために
  • セックスで病気にかかる危険性を知る
  • セックスを知る年齢とは
  • 「ネット性教育」の取り組みの現場から

第6章●仮想現実が拡大する時代に必要な新教育

  • ネット・ケータイ時代の「行儀」「マナー」とは
  • 求められる昔ながらの「道徳」教育
  • 自己を確立するネット・ケータイデビュー期に

プロフィール

【著者紹介】
大川内 麻里(おおかわうち・まり)

1977年、福岡県生まれ。フリーター、スクール情報誌の制作ディレクター、出版社勤務の編集者を経て、起業。現在、「出版」「心理カウンセリング」「芸能/お笑い」の3事業を主軸に、心豊かな生き方をサポートするnaked heart代表。2005年より始めた性のカウンセリングの相談件数は累計1000件を超える。心理学をベースにした手法と実践的アドバイスにより、クライアントの抱えている問題を解決へと導く


amazon.co.jpで購入する 紀伊国屋書店で購入する セブンネットショッピングで購入する 楽天ブックスで購入する

▲ PAGETOP